ホルモン補充

ホルモン補充

ホルモンは30代後半の頃からすこしづつ分泌量が減ってきます。
女性の閉経時によく起こる更年期障害はこのためです。
ホルモンの分泌量が減ってしまったことが原因で様々な体調不良を訴える人がとても多くなります。
体脂肪の増加、免疫力の低下、運動能力の低下、骨粗しょう症などの症状が現れ、老齢化を進める原因にもなりますので深刻な問題です。
女性はいつまでも若々しくいたいものですからホルモンを補充しこれらの症状を和らげる治療も必要だと思います。
ホルモン補充は主に婦人科での処方です。
血液や唾液を調べると、どのホルモンが不足しているのかも判定できます。
方法としては、クリームやサプリメント、注射などが使われるので、自分にあった方法が見つけられると良いと思います。